MENU
365日24時間対応! お問合せはこちら
長谷川葬儀ロゴ
MENU
365日24時間対応! お問合せはこちら
365日24時間スマホからもつながります
長谷川葬儀 ラビュー西部の電話番号
電話マーク1
ご危篤・ご逝去で
お急ぎの方へ

葬儀・葬祭の流れ

危篤・臨終・納棺

危篤から臨終まで
危篤の知らせ

病人が危篤状態になったら、家族、親族、特に親しい友人などへ、できるだけ早く連絡します。
親族の場合は三親等以内が目安となります。

臨終直後

病院で死亡したときは、死亡診断書(死亡届と同一用紙)を受け取ります。
病院への支払い、私物の引き取り、世話になった人達へのお礼などを済ませ、親族のほか一〜二人が付き添ってご遺体を引き取ります。
自宅で亡くなった場合も、医師による死亡の確認が必要ですので、すぐに連絡します。

死亡の連絡

亡くなった直後は、肉親、親しい知人、勤務先、学校関係、近隣の方々に連絡し、ほかの方々には、通夜、火葬、葬儀の日程が決まってからでもかまいません。
隣近所の人の中から正式な使者をたてたり、こうした連絡を世話役に依頼する習慣がある地域はそれに準じるようにし、新聞の死亡広告を利用してもいいでしょう。

お寺さんへ連絡

お寺さんには、親族の代表か喪家の事情をよく知っている方が伺い、枕経のほか、戒名、法名、法号などをお願いし、通夜から法要までの段取りを打合せます。
菩提寺が遠方の場合、同じ宗派のお寺を紹介してもらうこともあり、無宗教の場合は宗派を問わない霊園に埋葬することになりますので、葬儀社に相談しましょう。

葬儀社へ連絡

葬儀社は、葬儀全般を取り仕切ってくれる専門の業者です。
一切を任せることが多くなりましたが、宗派、葬儀の規模と内容、予算、場所、日時などを説明し、あらかじめ見積書を作ってもらうといいでしょう。
最初にはっきりと注文しておいたほうが、葬儀を滞りなく行えます。

ご遺体納棺まで
末期の水

「死に水」ともいい、臨終を終えた故人に最後の水を口に含ませてあげます。
半紙の小片、割り箸の先にガーゼや脱脂綿をまきつけたもの、新しい筆先などに水を含ませ、配偶者、子供、親、兄弟など血縁の濃い順に一人ずつ、唇に軽く当てて湿らせます。

湯灌と死化粧

遺体をふき清めることを湯灌(ゆかん)といいます。
かつては、さかさ水といい、水にお湯をさしたぬるま湯で行いましたが、最近はアルコールを含ませたガーゼや脱脂綿で全身を拭くのが一般的です。
病院では看護師さんが、自宅では葬儀社の係が手伝ってくれ、そのあとで故人の姿を美しく見せてあげられるよう死化粧をします。
男性ならヒゲを剃り、女性なら軽く白粉をはたき、薄く口紅をさします。

死装束

枕元には白い布をかけた小さな台を置き、花立て、ローソク立て、線香立ての三具足を飾ります。
花は一輪の樒(しきみ)か季節の花、菊でも構いません。他に鈴、水、枕だんご、一膳飯(浄土信州では枕だんご、一膳飯は飾りません)を備え、ローソクと線香の灯だけは絶やさないようにしましょう。
枕元のお飾りが終わったら僧侶をお迎えし、最初のお経をあげていただくことを枕経(まくらぎょう)といい、家族、近親者でつとめます。

納棺

地方や宗派によって違いますが、最近はすぐに納棺し安置することが多いようです。
飾り蓋を閉め、打敷で棺を覆って祭壇に安置し、蓋の釘付けは出棺前に行います。
納棺する日程や方法は、祭壇の飾り付けと合わせて、葬儀社とよく相談しましょう。

葬儀へ向けて

葬儀打合せ
〈葬儀の役割〉故人・喪主・世話役・会計係
1.葬儀の様式を決めます

まずどのような形で行うか、故人が生前信仰していた宗教によって決めます。
無信仰や信仰していた宗派がわからない場合は、故人の生家の宗教によること、既婚女性は夫の生家の宗教によることが一般的です。

2.喪主を決めます

喪主は葬儀のすべてを取り仕切るほか、法要なども司ることになります。
責任の大きい役割なので、遺族と近親者で慎重に決めましょう。
故人と最も縁の深い人が普通で、夫婦の場合は配偶者、配偶者が故人や高齢の場合は子供(一般的には長子)、子供がいない場合は父母のどちらかなどです。
幼い子供が喪主になるときは、親族の中から後見人を付けることもあります。

3.世話役をお願いします

葬儀社に臨終後から法要までの一切をお願いすることが多くなっていますが、喪主にかわって、受付、会場、接待、送迎、台所での段取り、葬儀社、お寺さんとの連絡など、細々とした事柄を行うのが[世話役]です。
喪家の事情をよく知る人、地域の習慣に詳しい人などがいる場合は依頼します。
香典や費用の管理などの[会計係]は、こまかな確認が必要なので、近親者2名にお願いした方が安心でしょう。
経験のある人に世話役をまとめていただくと、葬儀全体がよりスムーズに進みます。

公葬の場合

故人の地位が社会的に高いときなどは社葬、団体葬などといった公葬を行う場合もあります。
会社・団体が主催者、遺族が喪主という形式で、葬儀委員長は会社・団体の主要な役職にいる人が名誉職としてつとめます。
内容は故人の葬儀と同じで、葬儀費用はおおむね主催者がまかない、香典は遺族に対するものですので遺族が受け取ります。

諸届け・葬儀連絡
死亡診断書

死亡が確認されたときは医師から死亡診断書を、交通事故死など変死の場合は死体検案書をもらいます。
用紙は市町村役場や病院、葬儀社でも用意しています。死亡届と同一になっていて、届出人と医師が記入する欄があります。
生命保険などでも必要になる場合があるので、前もって確認し、その枚数だけ発行してもらいます。

死亡届

届け先は故人の本籍地の役所か死亡地の役所、または届出人の住所地の役所です(日曜祝日夜間も受け付けています)。
死亡確認後七日以内となっていますが、火葬許可書が必要になるため迅速に提出しましょう。
本籍地以外で死亡した場合、死亡届は二通必要になり、届出人の印と医師に署名・押印してもらった死亡診断書を添えます。

死体火葬許可証(埋葬許可証)

火葬する場合は、火葬場に提出許可証が必要になります。
死亡届けの提出時、市町村役場にある死体火葬許可証交付申請書を添えます。
火葬後は日時を記入した用紙を受け取り、墓地に埋葬する際の埋葬許可証として使われます。
埋葬許可証は、五年間保存する義務があり、再発行されませんので紛失しないように注意してください。
※死亡届から火葬までの手続きなどは、依頼すれば葬儀社が代行してくれます。

葬儀日程の通知

通夜、火葬、葬儀の日時、会場が決まったら関係者に知らせます。
交友関係は友人、仕事上の人脈は勤務先などと相談し、住所録や年賀状なども参考に把握します。
電話、ファックス、メール、新聞広告など、通知する相手、団体に合わせて適切な方法を選びましょう。

通夜

通夜の準備
通夜とは

葬式の前夜、遺族や親戚、知人が集まり、夜を徹して生前の徳を讃え、故人の霊を慰めます。
もともと「夜通し」の意味で「夜伽(よとぎ)」ということもあり、死亡当日の夜に遺族や親戚だけで行う「仮通夜」と、弔問客を迎えて行う「本通夜」があります。
最近は住宅の都合により、斎場で行うことも多くなっています。

お手伝いの依頼

親戚や親しい友人、隣近所の人に世話役をお願いする際は、役割分担を決めましょう。
僧侶の送迎、会計、受付、席次の案内、車両関係の交渉や申請などを担当してもらいます。

通夜の準備

弔問客が次々に訪れるので、できるだけ早く道案内の表示をします。
表示を貼らせてもらう上には了解をいただき、ご近所の駐車スペースをお借りする交渉で支障が出る場合は、近くの警察に道路使用許可を申請しましょう。
席次は祭壇前に喪主と遺族が座り、故人の上司、お世話になった方や友人はその次に、そのほかの弔問客は来客順に座ります。

受付の準備

受付を設ける場合、名刺受け、香典受け、会葬者芳名録、筆記用具、弔問客に手渡すお返しなど、必要なものを葬儀社などと相談します。

供花・供物の並べ順

供花・供物が届いたら、名札の肩書き、氏名を確認します。
基本的には故人との関係が深い順、または社会的な地位を尊重し、遺族の意向を聞きながら並べる順を決め、ある程度整えた後は到着順にします。

地方ごとの行い方

通夜は元来、故人が亡くなった夜だけ行うのがしきたりでしたが、地方によっては独特のやり方があるようです。
地元の経験豊かな世話役や葬儀社に相談しながら決めましょう。

通夜

通夜は読経と焼香が中心です。通夜の始まる十分前には席に着き、全員で僧侶を迎えます。
進行係が開式を述べ、僧侶が読経し、その後法話があることもあります。
喪主、遺族、親族(葬儀委員長を立てた場合は喪主の前に焼香することもあります)、続いて弔問客が順に焼香します。
僧侶を見送るときは全員で合掌礼拝し、最後に喪主がお礼の挨拶をします。

通夜ぶるまい

通夜式の後に、お礼と供養を兼ねて弔問客に酒食をふるまいます。
かつては精進料理でしたが、最近は手軽につまめる寿司やおにぎり、オードブルなども多いようです。
招いた方々に引き出物を出すところもあり、料理も含めて、地方ごとのしきたりに詳しい世話役や葬儀社に相談して決めましょう。

神式の通夜

仏式の通夜法要にあたる「通夜祭(つやさい)」と、本来は別に営まれていた「遷霊祭(せんれいさい)」を続けて行うケースが増えています。
通夜祭では神官が斎主となり祭詞を唱え、故人を偲ぶ歌が奏楽され、斎主、喪主、遺族、参列者の順で玉串奉奠を行います。
通夜祭の後は通夜ぶるまいにあたる「直会(なおらい)」の席を設け、酒食で参列者をもてなします。

キリスト教式の通夜

本来キリスト教では通夜は行いませんが、日本の習慣を取り入れた形で行われています。
カトリックでは遺影、花などを飾り、聖歌合唱、祈り、献花などをします。
プロテスタントでは「前夜式」として棺がある部屋に集まり、聖書の朗読、祈り、聖歌合唱、献花などをします。
通夜ぶるまいは、司式の牧師、神父さんと身内だけの茶話会形式となり、酒類は控えます。

夜とぎ

通夜では、祭壇上のローソクと線香を絶やさないよう親族が交代で守ったのは昔の話で、現在では長時間安全に燃焼する線香を使用してしっかり睡眠をとります。

通夜のワンポイント
戒名、法名、法号

故人の業績、人柄や先祖の例を参考にし、通夜式の前までに僧侶につけていただきます。
白木の位牌に書いて祭壇に飾ります。浄土真宗では位牌に変わり、法名軸(葬儀の際は白木の木札)を使います。

お布施

僧侶にお渡しする「お布施」は、読経、戒名などへのお礼として葬儀の前にお渡しします。
複数の僧侶をお願いしたときは、人数分を一つにまとめます。
金額の目安は、喪家の志とされますが、菩提寺との関係などを考慮しながら、檀家で詳しい方や葬儀社と相談しましょう。
通夜の読経に迎えたときや各法事をお願いしたときは、その都度「お車料」を用意し、半紙で包むか白い封筒に「御布施」としたため、お盆にのせてお渡しします。(読経料や戒名料という言葉は使いません。)

遠隔地での通夜

遠くの病院などで死亡したときなどは、霊安室を借りて通夜をすることもあります。
病院から葬儀社を紹介してもらうこともできますので、現地で密葬し自宅に持ち帰り、再度通夜と葬儀を行うこともあります。

葬儀・告別式

葬儀前の確認
式場の準備

式場は葬儀社が設営してくれますが、供花や供物の並べ方などは、故人と贈り主の関係を考慮して指示しておきます。
受付は芳名帳、筆記用具、会葬礼状、会葬御礼品、香典受け・名刺受けの盆などを確認し、香典の管理は近親者に依頼します。
葬儀社と世話役、会場係、歯医者係などの連携が重要ですから、当日も確認の打ち合わせをします。

葬儀と告別式の違い

仏教においての葬儀は、残された人々が供養して故人の成仏を祈る儀式です。
一方、告別式は会葬者が故人に最後の別れをつげる式です。
本来は、遺族、親戚、親しい友人などが故人のために焼香するのが葬儀で、一般の会葬者が別れの焼香をするのが告別式となりますが、最近は一緒に行うことが多くなっています。

寺葬・自宅葬・墓地葬

地域によって、葬儀を行う場所が違う場合があります。
寺院で葬式を営む寺葬、自宅で行う自宅葬、また葬式の日に自宅で僧侶による内念誦(迎僧)をして墓地で営む墓地葬もあり、斎場で葬儀を行うケースも増えています。

葬儀の式次第

葬儀の次第は宗派や地域によって異なります。
司会者は葬儀社やお寺さんとよく相談しておきましょう。

一、会葬者の着席

開式の時刻より十分から二十分程早めに式場に入ります。
会場にもよりますが、祭壇に向かって左側に座ります。
一般会葬者の最前列には、弔辞を読む人や主な会葬者の席を設けておきます。

二、遺族の入場

葬列を組みながら入堂、祭壇に向かって右側に座ります。
会葬者に向かって前列右側に喪主、続いて故人と縁の深い順に親族が座ります。
司会者(進行係)は、遺族側に立ちます。

三、僧侶の入場

遺族、会葬者一同は一礼をして迎えます。

四、開式の辞

司会者は簡潔な言葉で開式の挨拶をします。

五、読経

葬儀の規模にもよりますが、通常三十分ほどで、死者を仏界へ導くために導師から引導が渡されます。
浄土真宗を除くほとんどの宗派で行います。

六、弔辞・弔電の披露

弔辞は三人程度で、一人三分から五分くらいが一般的です。
弔辞を読む人の名前をご紹介し、弔辞が終わったら、司会者と遺族は無言で深くお辞儀をします。弔電は二、三通ほど内容を読み、後は名前だけ読み上げるか、多い場合は数を紹介するかにとどめます。

七、遺族の焼香

読経と同時に、喪主から順に遺族、親族へと焼香します。

八、謝辞

喪主が会葬者へ参列のお礼を述べ、生前の故人の様子などを話します。
謝辞を終えたら、喪主と遺族は式場を出て、退出する会葬者を見送ります。

九、会葬者の焼香

一般会葬者は祭壇へ一礼して、静かに焼香します。

十、閉式の辞

会葬者の焼香が終わったら、司会者は閉式の辞を述べます。

火葬・葬儀・告別式

出棺・火葬
最後の対面

祭壇から棺を下ろし、ふたを開けて最後の対面をします。
遺族や近親者、親友など故人とゆかりの深かった人から順に行い、希望する人がいれば加わってもらいます。
故人の姿を見るのはこれが最後ですので、配偶者や子ども、親にはできるだけ多くの時間をとりましょう。対面では花で飾るほか、故人が愛用していた品を入れます。
対面後は棺にふたをして、くぎ打ちを行います。喪主、遺族、近親者とつながりの深い順に、小石でくぎを軽く打ちます。

出棺

遺族や近親者、故人の親友(男性)が担ぎ、ご遺体の頭が霊柩車の前方を向くように棺を納めます。

火葬場に向かう

一般的には、喪主や遺族、近親者が遺影(写真)、香盆、花などを一つずつ持ち、見送りの人たちに向かってご挨拶し、車に乗ります。
霊柩車には喪主が、他の遺族、親族、親類、友人たちは後の車に分乗して向かいます。
火葬許可証を忘れないように持って行く人を決めておくか、葬儀社の人に渡しておきましょう。
接待用の茶菓、軽食、酒、つまみなどを持参し、火葬が終わるまで、待合室で参列者をもてなします。
※(注)地域により火葬と葬儀告別式が前後する場合があります。

火葬

かまどの前に棺を安置し、位牌、遺影、生花、焼香台などを置いて納めの式を行います。
僧侶が読経と焼香し、喪主、遺族と続きます。

お骨あげ

お骨あげは係員の指示に従って行います。
喪主、遺族、近親者、友人・知人と関係の深い順に二人一組になり、竹箸で挟んでお骨を拾い骨壷に納めます。
お骨は足から頭の方へと順に拾い、「舎利」と呼ばれるのど仏のお骨は、一番最後に喪主が拾います。
骨壷は係員が白木の箱に入れて白い布で包み、喪主が受け取って持ち帰ります。
分骨が必要なときは、あらかじめ係員に申し出ておいてください。

遺骨を迎える

出棺後、世話役や親戚などは喪家に残って遺骨を迎える準備をします。
玄関には小皿に入れ盆に乗せた塩、水を汲んだバケツとひしゃくを用意します。

清めの式

火葬場から帰った遺族は、家に入る前に清めの塩と水でお祓いをします。
死の穢れ(けがれ)を清める意味があり、ひしゃくで両手に水をかけて手をぬぐい、塩は胸のあたりにかけてもらいます。浄土真宗では清めは行いません。

逮夜(たいや)

忌日の前夜や年季の前夜、葬儀の前夜のことをいいます。
逮夜法要は亡くなった日を入れて七日ごとに行い、最初の忌日は初七日、以後七日ごと、七七日の四十九日の忌日を迎えます。
地方によって形や習慣が違いますから、世話役や葬儀社の人と相談して行いましょう。

葬儀の後

費用の清算
葬儀を終えたら、諸費用の支払いや事務の引き継ぎなどを早めにすませます。
遺族が知らないうちに、世話役の人が現金を立て替えている場合もありますので、すぐに清算しお礼を述べます。
病院・葬儀社への支払い

病院への支払いはご遺体を引き取るときに行いますが、終わっていない場合は、葬儀の後に支払います。
葬儀社からは、葬儀が終わった後に請求書が届きます。
見積書と明細をよく照らし合わせ、領収書は相続控除にも必要なので、きちんと保管しておきます。

手伝ってもらった方に

世話役やお手伝いをしてくれた方には、精進落としの席で感謝の気持ちを伝えます。
お開きのときに、白い封筒に「御礼」と書いて心付けを渡す方法もありますし、現金が失礼になると思われる場合は、後日「御礼」の表書きで品物か商品券を送ります。

あいさつ回り

葬儀で特にお世話になった方には、葬儀の翌日か翌々日、喪主が出向いてお礼を述べます。
菩提寺、葬儀委員長や故人の恩人、社会的地位の高い人が参列してくれたときも、会葬礼状だけでなく、あいさつに行くのが礼儀です。
葬儀直後は喪服を、二、三日後なら地味な平服にし、遠方の方には電話でお礼を伝えましょう。

形見分け

一般的には仏式では三十五日か四十九日の忌明けのときに、故人の愛用品を近親者やごく親しい友人に分けますが、あらかじめ受けてもらえるか聞いておきます。
「垢つき」「お手汚し」という言い方もあるので、希望がないかぎり目上の人には失礼とされており、形見の品は包装しないでそのまま渡すのがならわしです。
▼形見分けする品の例
和服、洋服(クリーニングしたもの)
趣味の道具、盆栽や鉢植え
時計、バッグ、身辺の小物、家具 など